○○○パーマ○○○パーマ○○○パーマetc

2008年03月13日(木)

Category: サロンワーク, デジタルパーマ (tag: , )

最近情報誌や雑誌などを見てると面白いほど ○○○パーマという名前が多いですね。 パーマブームですね。笑 ダメージレス○○○パーマとか、デジタルパーマより痛まない○○○パーマとか いう広告のタイトルが多いこと、 パーマを掛けるという事は、基本的に薬剤を使用しますからね?。。。 ま?そういうのは置いといて、 ざっと最近のパーマの名前を並べてみると、 エアーウエーブ・デジタルパーマ・水パーマ・コテパーマ・フィルムパーマ 他にも名前が違うだけって物もありますが、 それぞれにメット、デメリットがあります。 どれがよくて、どれがダメってものでもないと思います。 emにも「今日はデジタルパーマを掛けて欲しいのですが」 って来られるお客さんもいますが、 まずはどんなヘアースタイルになりたいか?が優先ですよね^^ パーマを掛けるためにスタイルを作るのではないと思います。 パーマの種類も、希望のヘアースタイルやお客さんの髪質、ホームケアの仕方などを考慮して、どんなパーマ行程が相応しいかスタイリストが提案するのが 僕達の仕事です。 話が長くなりましたが 何が言いたいかというと、最近出てきているパーマの行程は ほぼクリープ期というものを意識しているものだと思います。 一般の方は何それ?って感じですよね!! 理美容師なら僕よりもっと良く理解してる方もいっぱいいて、なんとなく聞いたことある方もいると思います。 クリープという意味は、ずれる・変形するなどという意味で、 今までのパーマ行程ではお薬(1剤)を塗布し、お流しして再度お薬(2剤)を塗布し終了といった流れでしたが、この1剤をお流しして、そのまま約30分くらい時間を置き2剤で酸化させるとウエーブ効率や保持率が抜群に良くなるのです!! この約30分の時間をクリープ期といいます。 デジタルパーマではクリープ期にホットロッドを巻いたり、 エアーウエーブでは風を当てたりし、 クリープさせているんですね!! 今までではこの約30分くらい時間を置くことがサロンワークの中や、 お客さんにも時間的に問題があり敬遠されてましたが、 最近では色々なウエーブ効率を上げる処理剤などもあるので そういった処理剤の力や、ある熱を加えてクリープ期の短縮や より効率良くクリープさせる事が可能になってきました!! ある熱というのは次回にお話しするとして。笑 とにかく今までの通常のパーマ行程が変わろうとしています!! 当店でも今はテスト段階ですが通常のパーマを掛けられるお客様に 通常のパーマ料金でクリープ期を応用するパーマ行程をさせてもらい かなり好評を頂いております^^ で、ちかじかこのパーマをメニュー化し本格的に取り入れていこうと 思ってます。 まだ名前も考えてないので交互期待ということで!! 春が近づいてるのでふんわりくるんと軽いパーマスタイルもいいですよね?^^
↓↓よかったらクリックして下さい↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。