縮毛矯正での新生部のアプローチを今一度考えてみる・・・

2013年05月15日(水)

Category: サロンワーク, 縮毛矯正(ストレートパーマ) (tag: )

ノンカラーで強い癖毛 パッと見驚くぐらい膨らんでるのでガッツリ強い薬で〜・・・ と、行きたくなるのですが大事なのは毛髪の強度! 細くて柔らかく、薬剤が反応しやすい毛。 日常でのストレスでもかなり損傷を負いやすい毛なんですね〜。 お薬もギリギリを攻めたいところです。 過剰なアルカリ反応を抑えて、還元をゆっくり時間をかけて髪の芯を壊さないように心がける! メンズ縮毛矯正 ロング 癖毛 メンズ縮毛矯正 ロング 癖毛 ギリギリの薬剤反応を狙うのは、髪を伸ばしていく過程で毛先を切らなくても良い状況になるようにすること。 過剰に薬剤反応させた髪の毛は、何年もかけて伸び続け毛先に行く頃には必ずと言っていいほどハイダメージになりハサミをいれないといけなく、なかなか長さを伸ばせないといった結果になってしまうのですね。

「縮毛矯正は奥が深い!」

↑ 前回の施術の時にあった切れ毛もかなり長さが伸びてきて下の方に降りてきました^^ なかなか一発目で薬剤をギリギリの設定に持っていくのは難しいことですが、2回目3回目と経験を重ねて最低限の薬剤設定はどの当たりか?を見出すことも大事なのかもしれませんね。 癖を伸ばすだけの縮毛矯正ではいけないってことですね。 メンズ矯正ロングです^^ メンズ縮毛矯正 ロング 癖毛 使用薬剤 アズテック PM11 PM7 PM7L/TGS 資生堂   クリエイターストレートPCトリートメント改  
↓↓よかったらクリックして下さい↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。