縮毛矯正のアプローチに正解はあるのか?

いや〜今日は蒸し暑かったですね〜。

雨が降ると寒く、太陽が出ると熱く

もう5月も半ば。。。。早!

縮毛矯正のお客様です。

かなり癖が強いです!

髪も太くて多く、ヘアカラー毛。

癖を伸ばすのは簡単ですが、安易にアルカリの強い薬で行くと次回来店時には嫌な質感になります。

太くて固い髪なので、固くならないようにしなやかさを追求して頑張ります^^

シャンプー後なので多少癖は落ち着いていますが、ご来店の時はすっごいウネリです。。。(;^ω^)

根元はモコモコしてます。

先ほども言いましたが、安易にアルカリの強い薬だと毛がやられます!!

しかし新生部(癖を伸ばしたい部位)にはヘアカラーの毛と地毛が混ざっています。

さて、どちらの毛に薬剤を設定するか?

地毛の部分をメインにするか?

ヘアカラー毛の部分をメインにするか?

・・・・・

今回はヘアカラーの部分を対象にした薬剤で、根元の黒い部分はいつもよりハンドパワーを強めにして

伸びろ、伸びろ、伸びろ〜

と念じます(笑)

ほらできた!!^^

柔らかく、しなやかで、扱いやすい仕上がりになったのではないかな。

根元の黒い部分も綺麗に伸びてます!!

いつも以上の念力が通じたのでしょうか?(笑)

お客様の癖や髪の状態は色々です。

もちろん技術者側のアプローチも色々です。

仕上がりの状態に満足できたか?

合う合わないはあると思います。

くせ毛だから仕方がない!!と諦めるのではなくて、できる限りお客様の理想の髪になるように仕上げられる技術と思いを持って色々な髪に向き合っていけたらと思います。

前回よりも綺麗にする!!


↓↓よかったらクリックして下さい↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。