クリープパーマとHRBK(北陸理美容研究所)とは? 『還元度合い』 NO.3

2011年05月14日(土)

Category: デジタルパーマ, 講習会 (tag: , )

前回の日記で中間水洗が大事なことは理解できましたかね? 中間水洗後のテストカールなど試されましたか? 今までの1液を塗付した後のテストカールと中間水洗後のテストカールで中間水洗後もう一度テストカールすると更にウエーブ効率が上がってることは実感できたと思います。 これは1剤のアルカリ剤と中間水洗時の水と入れ替わりズレ(クリープ)が起きているわけですね。 そうなんです!中間水洗時にすでにクリープが始まっているって事なのです。 この中間水洗の段階を我々は第一のクリープ工程としています。 それでは今までの還元(1液放置タイム)+中間水洗3分では強くなりすぎではないでしょうか? この後の中間水洗後にクリープタイムを更に置くことでまた一段とウエーブ効率は高くなります。 じゃあどれくらい1液タイムを置けばいいの?っことになりますよね。 下記のデーターはオレンジコスメ社のワンダーカール9.2を元に時間と還元度合いをテストしたデーターです。 グラフを見てお分かりのように10分までは急激に右肩上がりで、10分以降はなだらかな右肩上がり。 要は10分までは還元スピードが速い、10分以降になるとだらだらとしか還元しない。 10分経って目的のカールまで全然達していないということになると、それ以降はなだらかな右肩上がりなのでなかなかウエーブ効率が上がらないといったことになりますよね。 10分経っても目的のウエーブに達していないということになると、薬の設定が弱かったということになると思います。 10分以降になるとだらだらとしか還元しなく、毛髪にただダメージを与えてるだけ!! この10分以内が勝負!! じゃあ10分経っても弱かったらどうすの?って方は 次の日記でw ・クリープパーマとHRBK(北陸理美容研究所)とは? NO.1クリープパーマとHRBK(北陸理美容研究所)とは? 『中間水洗』 NO.2
↓↓よかったらクリックして下さい↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。